育毛剤リアップのジェネリック医薬品、ツゲインとは?

髪の毛に悩む男性

一世を風靡した育毛剤にリアップやロゲインがあります。それらのジェネリック医薬品がツゲインです。
ツゲインは先発薬と同じようにミノキシジルが配合されている育毛剤で、塗布することで血管を広げて血行を促進します。
ツゲインにはミノキシジル濃度が2パーセントと5パーセントと10パーセントのものがあります。
市販されているリアップやロゲインにはミノキシジル濃度が5パーセントまでしかありませんので、ツゲインの10パーセントはさらに強力な効果を発揮します。
たとえばロゲインを病院で処方された場合は6000円から8000円程度かかり、それに様々な経費が加算されます。

もしも通販サイトで個人輸入すると単価は2500円程度になります。
ツゲインは通販サイトで個人輸入すると単価は5000円程度ですので、病院でロゲインを処方された時よりも安価に入手できることになります。
ツゲインを継続使用して効果が出てくるまでには3ヵ月から6ヵ月程度の期間がかかります。

ツゲインを開始した方が良いタイミングは頭頂部の脱毛を実感した時です。
まだ毛根が残っている間に活力を与えて、脱毛を食い止めることが先決です。
ツゲインは朝と夜の2回使用し、塗布してから成分を馴染ませるようにマッサージします。

有効成分ミノキシジルは発毛を促すために必要な栄養素を届けやすくし、休止期に入っている毛根に働きかけます。
ツゲインは頭皮の毛穴から成分を吸収させるので、塗布している間だけの作用となります。
そのため内服薬よりも副作用が少ないのがメリットです。

市販のものよりも強力な効果を持つ育毛剤を探している人や、リアップよりも安価に入手できる育毛剤が欲しい人には向いています。
ツゲインの副作用は皮膚のかぶれや痒みの他、1パーセント程度の確率で性欲が減退することがあります。
敏感肌の人や妊娠中の女性は使用できませんし、脱毛の原因が男性型脱毛症以外の場合には効果がありません。

ジェネリック医薬品は個人輸入するのがおすすめ

ツゲインなどのジェネリック医薬品を購入するなら海外から個人輸入するのが良いでしょう。
通常は病院で医師の診察を受け、薬局やドラッグストアで医薬品を受け取るというのが一般的な流れです。
これは医療資格者だけに許されている行為だからです。しかしながら治療が長期間になることで経済的に厳しくなってくることもあります。
そのような場合は海外から個人輸入することで経済的な重圧を軽減することができます。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分を持ちながら低価格で販売されていますし、厳しい審査をクリアしてしていることで安全性も高いのが魅力です。
個人輸入する際は個人輸入代行サービスを利用しましょう。
海外からの個人輸入には粗悪品や偽物の被害という危険性もありますし、言語の違う国から個人輸入することでトラブルが発生することもあります。
そのような際も個人輸入代行サービスを利用すれば日本語で対応してくれることがあります。

もしも海外に滞在していた人が現地で服用していた医薬品が日本で未承認だった場合、帰国後に日本国内では入手することはできなくなってしまいます。
そのような場合でも個人輸入を利用すれば入手が可能になります。
個人輸入でジェネリック医薬品を購入すれば安く入手できることは間違いありませんが、その後の管理に関しては全て自己責任となることを理解しておかなければいけません。
当然ながら海外医薬品には外国語の説明書しかありませんし、外国人との体格の違いからくる作用の違いもあります。
本来であれば医師のアドバイスで処方されるべき医薬品を個人輸入で入手するわけですから、病気や医薬品に関する知識が必要になる点も理解しておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧